読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルゼンチンいけこのブログ

競馬とポケモン。

11/13(日) 予想

 こんばんは。

 エリザベス女王杯は先ほどやったので最後に印だけ。

 今日は京都7~9RとWIN5対象レースを予想していきたいと思います。

 

京都7R 3歳上500万下 芝B外2400m

 最内のヘイムダルが逃げるのであればペースはそこそこ上がるのかなと。差し想定で。▲フォンスは調教タイムで選出。現状をみれば岩田Jから福永Jへの乗り替わりもプラスだと考えます。5枠の2頭は安定感があると考えて軸で考えますが, ショウボートは久々の2400m, 大丈夫か?それなら最近好調に見える松若Jの△プロジェクトを少しだけプッシュしておこうかなと。この馬も調教タイムがよいというのが主ですが…もう1頭はロライマで。

 

京都8R 黄菊賞 2歳500万下 芝B内2000m

 ええ, この条件を使うの…?と思ったのは◎コロナシオン。重賞を使う必要はあまり感じないけれど, JFを目指すなら…といったところ。5頭立てで予想もへったくれもないかなとは思うのですが, 〇タガノアシュラで。新馬勝ちのレースはレコード逃げ切りかつ2着馬も勝ち上がってますからそこまで弱くはないかなと。

 

京都9R 3歳上1000万下 ダートコース1800m

 ◎は逆らわずにケルティックソード。調教めっちゃ動いてるし鞍上世界最強だし。対抗にはワンパーセントで。一気の距離延長ですが, 前走みてて多少ズブくなった気もしたのでこれはむしろプラスにでてはくれないだろうかと。むしろワンパーセントから買おうかなあといったところ。

 

WIN5対象レース①:東京10R 奥多摩ステークス 3歳上1600万下芝B1400m

 メインも同条件ですね。1点突破なら◎グランシルクでいいかなあと思います。コーナー2回の1400mもよさそう。実績も違うので本命寄りでもこれでいいかなと思います。前走不利を受けたドーヴァーも当然候補に挙がりますが, これはふつうに人気しちゃいますから, ▲マカハを狙うことにします。このコースの実績は悪くないので叩き2戦目できっちり脚を使えるようなら。

 

WIN5対象レース②:京都10R 修学院ステークス 3歳上1600万下H芝B内2000m

 ◎はリスペクトアース。内枠から先行して云々という算段です。一気の2ハロン短縮は間違いなくプラスだと思うし, 同条件重賞(まあ京都2歳ですが…)で2着に好走しているのも一応プッシュ材料。〇は普通に強いのでストロングタイタンで。池江さん, そのうち重賞勝つだろうとまで言ってるしね。

 

WIN5対象レース③:福島11R 福島記念GⅢ 3歳上OPハンデ 芝A2000m

  ◎ダイワドレッサー。ラジオNIKKEI賞で前にいた△ゼ―ヴィントは鞍上シュタルケJが初福島というわけでね。めっちゃ飛んでくれそうな気がしただけ。☆アドマイヤフライトは坂路追切の終い1F11.9。うん、それだけ。

 

WIN5対象レース④:東京11R オーロカップ 3歳上OPハンデ 芝B1400m

 わかんねえ…もう7枠と8枠から枠連でよくないかなあ。ほかを買おうとするとアットザシーサイドが個人的に好きなので私情がはいってよろしくないかなあと思うのでここまで。

 

 エリザベス女王杯は先述の通り。なかなか疲れますねえ。まあ明日のメインは京都12Rで全部差せ…と思っていたのですが, 結構人気馬が後ろっぽくてあまり妙味がなさそう。

 

 それではまたそのうち~

 

エリザベス女王杯のテキトー予想

 こんにちは。

 予定がキャンセルになって待ち時間ができてしまったのでテキトーにエリザベス女王杯予想をします。たぶん印のとおりには買いません、というか、1100円以内で購入は抑えるつもりです(PATに1100円しか置いてないから)。

 コンセプトはヒモ荒れです。

 

マリアライト

 考えれば考えるほどこの馬を切る要素がなくなってくるんですよね。叩き2戦目2-1-0-0と好相性だし馬場が重かったとはいえ昨年の覇者。牝馬にとれば長い距離なのが影響しているのか、このレースはリピーターが好走する例も多いですし。しかも良馬場で走らないかと言われるとそんなに成績が悪いわけではない。馬場一線級を相手に好勝負を続けているだけに、ここでは力が違うかなあと。

 

クイーンズリング

 先日アメリカ大統領選を勝ったのはドナルドトランプ。トランプタワーが立ってるのはマンハッタンだよ!というわけでマンカフェ産駒のこの馬を持ってきました。正直今日はこれをやりたかっただけですが、前走1800mに距離延長して1着。じつは距離持つんじゃね?という楽観的判断もあります。サインがなければ△です。弱い方のマンハッタンカフェ産駒はちょっと無理かなあ…

 

△ ヒルノマテーラ

 中1週ではありますが、もとからこういう使い方をするつもりだったらしいので状態面はあまり気にしないことにします。調教などはあまり確認はしていませんが…

 京都外回りで掲示板を外していない名誉ディープなので、この馬はけっこう狙えると考えます。しかしオッズは辛くなりそう。

 

ミッキークイーン

 この馬は割引。来ても文句は言えませんし、実績をみても間違いなく強いのは強いのですが、春はマイル→マイルから秋京都大賞典は捻挫で使えず半年休養明けぶっつけで2200m。しかも脚を気にしてかコースでの調教が出来ていないということで、嫌う要素はけっこうポンポン出て来ます。太めも残っているみたいですし。ただし、繰り返しますが強いという買い要素があります。坂路追い切りの動き自体はいいものでした。

 

タッチングスピーチ

 前年3着+ムーア+相手弱い=今年も来る

 トランプのサインがなければ対抗です。

 

 

 まあ、正直月並みの予想しかできないですね。誰も彼もミッキークイーンは軽視って書いてるでしょうし…

2歳牝馬戦を多少整理しただけの不毛な記事とデイリー杯予想

 こんばんは。

 きょうは家政夫のミタゾノをみないといけないので, それまでヒマ。というわけでちょっと2歳戦について書こうと思います。私は基本的には古馬戦のほうが好きなのですが, 2歳戦で期待を膨らませてくれるような馬をみるのも好きなものでして…ちなみにクラシックではぜんぜん盛り上がれません。

 

 とつぜんですが, 

 

f:id:ikekoArgentine:20161111210446j:plain

 

 川田騎手のこの笑顔・・・というよりもニヤついているというほうが正しいかもしれませんが, ミスエルテってそんなにすごい感触なんでしょうか。まあ, 

 


2016/11/05 第21回 ファンタジーS(GⅢ)【ミスエルテ】

 

出遅れ→展開スロー→大外ぶん回し→鞭いれず

であっさり勝てるわけですから, 強そう!というのは私でも感じ取ることはできるのですが。1400mをつかったということで距離適性的なものの前に気性が懸念されますよね。阪神ジュベナイルフィリーズでは間違いなく人気馬の一角となるでしょうが, ほかに注目されている牝馬といえば

あたりでしょうか。明日のデイリー杯の結果次第ではサトノダイヤモンドの半妹リナーテもこのなかに入ってくることになりますが, 川田騎手があっさりタイセイスターリーを選んだのでその程度なのかなあという気もします。すくなくともミスエルテほどの評価はしていないということですからね。それよりは追い切り(栗東坂路)のタイムが51.8-37.9-24.5-12.1と好気配のジューヌエコールを推したいですね。

 デイリー杯に関してはほかに7枠の2頭に注目しています。ディーパワンサ新馬→OPと中京で連勝。正直, 中京とは何もかも違う京都で, しかも明らかに相手関係がきつくなる中でどこまでできるのか?というのをみるのが楽しみ。サングレーザー新馬戦はサウジアラビアRC2着のダンビュライトの3着ですが, あのときは不良馬場。未勝利で下したサトノアレスはその後勝ち上がっていることからも, それなりに強そうだと今のところ考えています。

 さっきちょっと名前を出したコロナシオンは黄菊賞に出走。実質3頭立てみたいなレースですが, そんなことよりも気がかりなのは, JF出走を目指すと言っているのになぜこの距離を使うのか…勝ってホープフルSにでも行くのだろうと考えていたので少々意外でした。

 ソウルスターリングはこのままJFへ向かうのでしょうが, JF当日は香港国際競争デーなんですね。サトノダイヤモンド(やラブリーデイ)あたりが香港を目指すことになればルメールJはどうするのかな?と単純に疑問ではあります。

 

 つぎに新馬戦。

 注目は日曜の京都5Rらしいですね。

f:id:ikekoArgentine:20161111230942p:plain

ディープインパクト産駒4頭にシーザリオの子グローブシアターですね。芝で追切ということで少しだけケチがついた感はありますが, グローブシアターくんたぶん強いからなあ…ディープインパクト産駒にかんしては, コペルニクスが怪しそう。血統的にディープをつけても走らなさそうな感じはしていましたが, 果たしてどうでしょうか。

 ところで, 前回述べたような理由からグローブシアターが無茶苦茶つよいといろいろ困るのですが, トルネードアレイもなんだよなあ…わりとこの新馬戦は私にとって八方ふさがりの感があります。というわけでムーア騎手鞍上のミッキーロイヤルを全力応援します。

 あとは明日, サトノクラウンの弟のサトノヴィクトリーが東京でデビューだったと思いますが, なんかイマイチらしいと聞きました。個人的にはルルーシュ(12年アルゼンチン共和国杯一着)の半妹レッドミラベルに頑張ってほしいですね。

 

 先に述べたとおり, デイリー杯は

 ◎ ジューヌエコール

 〇 タイセイスターリー

 ☆ 7枠

 △ リナーテ

くらいの気持ちでみていますが, まあ馬券は買わないかな。

 

 競馬展望プラス(KBS京都)をみて稲富さんふつうにかわいいなあくらいのことを思いながらとりとめもなく書いていたらもうすぐミタゾノさんの時間です。もう少し書こうかと考えていたのですが, ミタゾノさんをみないといけないので今日はこれくらいで。正直川田Jのにやにやを貼りたかっただけなのにこんなに読ませちゃってごめんなさい。よかったら次回もお付き合いください。

切り馬POG① 特別枠Aの近況

 こんにちは。

 今日は闇のゲーム, 切り馬POGについて備忘録がてら記述していきます。

 

 (ことしの)ルール説明

 まずは, 2014年産駒(今年2歳の馬)のうち, 前評判や血統がよく, 実際に活躍しそうな馬をある程度分類して, 5+1つのリストを作ります(内容は後述)。

 ① ディープ牡馬A ② ディープ牝馬A ③ 特別枠A 

 ④ ディープ牡馬B ⑤ ディープ牝馬+特別枠B ⑥ ワンチャン枠

ワンチャン枠は, ①~⑤に掲載されていない馬のなかで走りそうな馬を参加者それぞれが一頭選ぶことで形成されます。

 これらのリストから, 「この馬は走らなさそう!」という馬に目星をつけ, リスト①~③, ⑥のなかから1頭, ④, ⑤から2頭の, 合計8頭を選出して, これら8頭が稼いだ賞金の合計から, ⑥で自分の持ち寄った馬の賞金を引いた額が低い人の勝ち!という趣旨のゲームです。

 ただし, 

  1. 指名馬がPOG期間(2017年の東京優駿まで)を未出走のまますごした(出走前に予後不良などとなった場合も含む)場合, その馬は2000万円の賞金を得たものとして最終的な計算を行う。
  2. 指名馬がほかの参加者(今回の参加者は18人)とかぶってしまった場合, その馬の指名者がn人であったとして, ①~③のリストの馬では0.9+0.1n倍, ④~⑥のリストの場合は0.8+0.2n倍の賞金を稼いだものとして最終的な計算を行う。例えば, ①のリスト「リッスンの14」の指名者は12人であったから, 倍率2.1倍ということのなる。
  3. ⑤, ⑥のリストについては牡馬と牝馬が共存しており, 牡馬の方が(とくにビッグレースの)賞金が高いこともあるから, ⑤, ⑥のリストの牝馬の賞金は1.3倍して計算を行う。2.と3.が重複して適用される場合, 0.01倍のオーダーは切り捨てる。
  4. 順位点(麻雀のウマと同じような感じ)が存在し, 獲得賞金の多い人から順に, +6000, 5000, 4000, 3500, 3000, 2500, 2000, 1500, 1000, -1000, -1500, -2000, -2500, -3000, -3500, -4000, -5000, -6000 (万円)を加算する。

ので, 最終成績は

 (倍率を考慮した指名馬の獲得賞金の合計)+(未出走馬のペナルティ)

                   +(順位点)-(持ち込んだ馬の獲得賞金)

で計算される値と, 全体平均の差をもって決定されます。うーん, 誰がこんなゲーム思いついたんだ…

 この記事を書くまでウマの存在を忘れていました。そうなると僕の指名馬・グローブシアターくんはだいぶ調教も動いているらしく, 結構震えています(ちなみに3人かぶり)。

 「あんな評判馬, どうして指名したんだ…」と言いたくなるのはわかるのですが, 特別枠Aのリストは以下の通りなんですね。

この中から1頭を選ぶわけですが, 当然のように人気したのがムーンレディの14。ほんとにエイシンフラッシュしか走ってないからね。11人かぶりで2.0倍ですがこの馬, 未出走の可能性が出てきているんですよねえ…まだぎりぎり間に合いそうらしいですが, もう一度とん挫すると完全にOUTでしょう。

 ムーンレディで被るのは目に見えていたので, 少し視点を変えた私はシーザリオの産駒にしては体が小さく, これはダメなやつかも…ということでグローブシアターを指名…したのですが, むしろこの馬体の軽さは怪我しにくさにつながって相当な額を稼がれてしまう可能性がでてきているのが現状。しかも3人かぶりでだいぶ辛い。レースをみないことにはまだ何とも言えない部分はありますが, 馬なりであの調教タイムを出しているとなると, かなり強そうというのが正直な思うところ。エアウィンザーがそこそこ強そうなのですが, これは指名1人のみ。ヴァナヘイムも結構つよそうなのでここの枠はほんとにムーンレディが出走するか否かにかかっていると思います。仮に未来の名馬だったとしても, 現状では1走が限度っぽいですからねえ…

 

今日はこれくらいにして, 次回はディープ牡馬Aの状況を。

 

第54回アルゼンチン共和国杯 回顧

 こんばんは。

 ・・・・・・。

 まあレースをもう一度映像で振り返ることにしましょうか…


シュヴァルグラン アルゼンチン共和国杯 G2 2016/11/06 東京11R 【競馬】

シュヴァルグランだゴールイン!!!

このレースでいちばんおもしろかったのって, 小林アナがゴール直前, 急に声量を上げて勝ち馬を叫んだところなんですよね。ほんとにこんなんでいいのかというようなレースでした。

所属する競馬研究会の皆さんと京都競馬場で観戦していたわけですが, ゲートが開いて数秒で聞こえてきた声を抜粋すると

 〇 は?おっそ

 〇 えっ歩いてるやん

 〇 遅すぎてシュヴァルグラン前来ちゃったよ

未勝利戦をみている気分でした。

 もう書く必要あるか?という感じですが公式ラップは以下の通り。テンだけ100mのラップ, 残りは1F刻みです。

 07.5-11.5-12.5-12.7-12.6-12.3-12.8-12.5-12.4-12.4-11.7-11.1-11.4=2:33.4

1000m通過参考タイムは1:02.9。スタートの直線を見るだけでわかり切っていたことではありますが, ドスローの瞬発力勝負になるに決まっています。走破時計もだいぶひどいと言わざるを得ませんねえ…どの馬に関しても, このレースで上位入線したことが今後の買い要素にはならないと思います。しいて言うのであれば, エンジンのかかりが非常に遅いアルバートが3F戦で馬券になったことでしょうか。まあ一度はヴォルシェーブに差されているのでエンジンのかかりの遅さが改善されたわけではないのでねえ…

 

 逃げたクリールカイザーは結局距離が少し長いのかもしれませんが, 衰えもあるでしょう。もうそろそろ引退になるのかなあ。

 ワンアンドオンリーはこういう展開では厳しかったにしても, これ以上なにかできることがあるのかといったところ。一応ダービー馬なのに, どうしてこうなったのでしょうか。

 モンドインテロルメールJの好調さからか明らかな過剰人気。レースが近づくにつれてどんどんオッズが下がっていくのは見ていてある意味面白かったのですが, さすがにこのメンバーで単勝3.4倍は見込まれすぎ。それなりの位置で競馬して, 直線に入ってのびたのですが, まあ前にいた2頭は強かったですね。このレースをみてどこが合いそうもクソもないですが, それなりにやれる馬だとは考えているのでお目にかかるのを楽しみにしています。ルメールJは今日8勝で1日の勝利数最多記録に並び, 騎乗機会連対記録は新記録の10をマークしたそうで, すごいなあ(小並感)。

 ヴォルシェーブは上がり最速の33.5で追い込んできたのはいいのですが, 最後脚を使い切って失速していませんか?やはり大したことはないという評価は変わりません。このような展開になる(といってもここまでひどいとは想定していませんでしたが…)と考えたなら今後も多少は買うようにするでしょうが, 今回のレースで評価が上がることはありませんでした。

 フェイムゲームは思っていたよりは仕上がっていたようで, 展開も味方したのかゴリゴリの追い込み勢ながら掲示板は確保。舞台次第では次狙ってみようかというところ。

 本命にしていたアルバートですが, この展開だと前述のとおりエンジンのかかりの遅さが災いするか…?と思っていましたが, 普通にこのメンバーだと強かったですね。勝ち馬の後ろにつけていて, ちょっと詰まりましたがうまく外に出して少しずつ加速。インタビューで戸崎Jも言っていましたが, もう一列前がいいなとは感じました。まあいい叩き台になったのではないでしょうか。次戦以降は相手が大幅強化されてくるわけですが, ちょっと変わった馬なのでどこまで行けるのか。

 勝ったシュヴァルグランについてまず言いたいことは, オッズがおいしすぎた。特別登録を見たときにはこんなん単勝は2倍台だろうと考えたものですが…まあこの馬もアルバートと同じで休み明けきっちり叩いて, 結果もついてきて, 本番を見据えていると思います。結果的に(中間さすがにゆるみすぎだけれど)東京2400mでやってるような競馬にはなったし, まあ左回りがダメ!ってこともなさそうですから, ふつうに強いしジャパンカップでも買ってると思います。

 

 ムスカテール単勝オッズが歪んだのは, 外国人の方がブックメーカーか何かと勘違いして大量購入したというウワサを耳にしましたが, ホントかどうかは知りません。

 で, 私の馬券は以下の通り。

 

f:id:ikekoArgentine:20161106225741j:plain

 馬連11.1倍は明らかに過小評価。PATでも三連複2点と馬連1点の払い戻しを受けましたが, PATでの購入時に目に映った馬連オッズに目を疑ったので, さらに追加での購入を決意。最近は馬連を買わずに失敗することが続いたので, これはファインプレー。三連複はヒモ荒れを狙っていた部分があるので買い目が多くなってしまい, 結果として3連複全体ではトリガミとなってしまいましたが, 

 購入:7,500円 → 払い戻し:11,730円 =回収率:156.4%

となりました。最低限ですね。来年はもっと頑張ります。

 今日は東京9Rでも舟券馬券を的中していたので最終的な回収率は200%ほどで帰れました。資金力的な限界はありますが, 今秋も頑張ります。昨年みたいに有馬記念で何とかトントン(ほんとにほぼトントン, 一応プラスだった)とならないようにしなきゃね。

 

 せっかくブログを立ち上げたのに次の更新は1年後, というのは多少寂しい気もするので, GⅠのときくらいは頑張って記事を書こうと思います。年内は毎週更新ですね。それではまた近々。

 

 

予想 第54回アルゼンチン共和国杯(GⅡ・東京競馬場芝Bコース2500mハンデ戦)

 こんばんは。

 今日はことごとくハナ差で馬券を取り逃しましたが, 明日は頑張りたいと思います。というか, 私には明日しかないんです!!!!

 

 というわけで, さっそくですが予想に入りたいと思います。

 

 今日東京競馬場の芝コースで行われたレースはすべてスローの前残りが基本。先行した馬がどのレースでも馬券になっています。まあ正直あんまり参考にはならない気もします。

 

アルバート

 これでいくことにしました。東京は3勝しているので左回り適性は合格。どうしても骨膜炎による半年以上の休み明けというのは気になる材料ではありますが, 鉄砲の戦績も2-1-0-2なら軽視することができると思います。前に述べたとおり厩舎仕上げでの堀師+戸崎騎手の馬の戦績はかなりよいものですから, そこはあまり心配はしていません。復帰を前に十分に乗り込んでいますし, 先日の追切の内容も好感触でした。

 絶望的な位置で競馬をしていた有馬記念の11着はありますが, それでも着差は0.6。大崩れしたレースが見当たらないというのも評価点です。

 ステイヤーズSを勝っているわけですからスタミナ的にも合格。むしろGⅡタイトルがあるのに57.0kgで出走できるのはプラスに捉えています。

 

クリールカイザー

 逃げの決まっていないアルゼンチン共和国杯にあって堂々の逃げ宣言。


2009/11/08 東京11R 亜爾然丁共和国杯 ミヤビランベリ

これしか決まってないんじゃなかったかな?スローで逃げて最後ある程度脚を残してヨーイドン!にする…(と後ろからヒカルカザブエなんてのが飛んできてかなりの高配当になったわけですが)

 田辺騎手にはそれができると考えています。あっさり単騎逃げできそうだし, 調教にも表れているように復調してきている今がチャンス。ただ, この予想で行くとですね…

 

▲ レコンダイト

 総合力というよりは馬券の妙味を考えたところにこの印を打ちたいところが私にはあるのでレコンダイトはここ。先述のとおり左回りなら善戦するし, ことしの目黒記念はほかの馬に接触する不利をうけながら0.2秒差の4着まで来られています。叩き2戦目で状態も上向き(らしい)ですし, 追い切りは全体時計よし。斤量も買い要素ですね。

 

シュヴァルグラン

 総合力とか実績ならどうしてもこっちかなあ。なんか投票開始直後くらいにムスカテール単勝にぶっこみが入ったせいでオッズがいまだに歪んでいるのですが, それにしたって私が想定していたほどの人気ではないから, これは期待値的にはそれなりによいのかもわかりません。東京はおろか左回りも初めて, 休み明けで時計をみてもピンとこない, 名前がシュッとしすぎているなど, 文句を言いだすとキリがないのですが, 京都の長距離GⅠで好走した馬って結構走るんですよねこのレース。

 

△  モンドインテロ

 スローの瞬発力勝負ならふつうに来そう。オッズは見込まれすぎだと思いますし, 札幌2600mからやってくる馬は得てして走らないのですが, まあルメールのお気に入りらしいし少しは注視することにします。

 

× ヴォルシェーブ

 こいつ瞬発力勝負なら来ちゃいそう。ぜったい弱いのに…買い要素なくないですか?展開予想的に買わないと仕方ないかなあと思わざるを得ないのですが, 東京2500mはそんなにあまくないぞ?スタミナ切れまでありそう。結局買わない可能性もあります。

 

これに加えて私が雰囲気次第で買いそうなのはフェイムゲームとフェスティヴイェル, あともしかするとムスカテールワンアンドオンリーはどうでしょうねえ…アルゼンチン共和国杯出走のうわさが出だしたころからうまくいくとは思っていないです。なんか控える競馬をすることを示唆しているし…

 

 今週1週間をかけて書いてきた記事もこれでおしまいです。レースは2分半で終わってしまいますが, 私のつたない予想はどこまでこの特殊なレースに歯向かえたのか。リンゴジュースを飲みながら明日の15:35を待ちます。

 

 

明日の予想(メインレース以外)

 こんばんは。

 アルゼンチン共和国杯は分けて書こうと思います。ひとまず先週と同じくWIN5対象レースだけサーっとみていきます。

 

WIN5対象レース①:晩秋ステークス(1600万下・ダ2100m・定量)

 わからぬ…先週に引き続きダートでWIN5スタートというわけですが, ダートはOP以上じゃないとみていないので…

 OP好走のモズライジンと, 後輩がお世話になったらしいワトソンクリックしか知らないし, ワトソンクリックは勝ち上がったコースですが, 状態(と鞍上)に不安があるとのこと。ペースが速くなりがちな条件ですが, 今回はそんなに前に行く馬多いかなあ?というのがあって即決とはいきませんが, 定量戦ですからスローでも能力で対応できると考えてモズライジンに◎。あとは▲ダイワレジェンドで。

 

WIN5対象レース②:京都10R 長岡京ステークス(1600万下・芝外1600m・定量)

 京都外回りのディープ, オースミナインは連闘。ここはお隣の▲ロスカボスを推してみます。若駒Sは内回りなので, 京都外回りは初めて。いい上がりを使える馬なので, スムーズにいけばもしかすると合うのかもしれないとふんだだけです。

 

WIN5対象レース③:みちのくステークス(1600万下・芝1200m・定量)

 うん, ローカルもあきらめムード。福島実績を買って◎ハッシュで。まあ人気でしょうが…

 

WIN5対象レース⑤:みやこステークス(GⅢ・ダ1800m・別定)

 今日訪れた定食屋のおじさんはえらくラニを気に入っているようでしたが, アメリカで3つ使ったのがどう転ぶかなんですよね。前走は相手が相手なのでといった感じがするし…ここは〇アスカノロマン, ◎はモンドクラッセでいきたいと思います。実績を考えればアスカノロマンは安定しているかなと思います。ただ, あまり調教はよくないようですが…モンドクラッセは56kgで出走ならいい感じに逃げて逆転まで考えたという話。アポロケンタッキーとかラニが人気をある程度吸っているココでねらっていきたいです, 資金難ですが。なんとなく目に留まったのが, 2枠の2頭がいずれも父アグネスデジタル, 母父ラグビーボールであること。何かのサインかもね。