読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルゼンチンいけこのブログ

競馬とポケモン。

10/30の予想など

 先週里見オーナーがついにGⅠをとったかと思えば土曜のスワンステークスはサトノ冠名馬のワンツーフィニッシュ。サトノルパンに関してははっきりいって内枠以外に買い要素ありませんでしたが, 馬連100円だけ持っていました。危ない危ない。この馬連で全財産が2倍になった程度には金欠ですが, がんばります。

 140円で全場の馬柱が掲載されていて, 「街頭淫タビュー」も読めるという理由でぼくはよく大阪スポーツを買うのですが, GⅠの日の一面で取り上げられている馬が個人的注目馬とかぶっているとすごく気持ちが萎えるんですよね。先週もレインボーラインでかぶった(まあ来たけれど)ばかりなのに今週はサトノクラウン。前回ほとんどとりあげることはしませんでしたが, ちょっと考えると「枠派」の私としては全然アリだし, 現在8番人気ならヒモに…と考えていたんですよね。東京の芝コース自体は向いているとおもいます。

 気持ちは萎えても街頭淫タビューは読まないといけないので大スポは買い続けますよ!

 

 さて, アルゼンチン共和国杯直前で気合が入っていますから, 今週はWIN5対象のレース予想でもしてから寝たいと思います。予想したら基本的に買うので, いつもなら重賞しか本気の予想はしないのですが, 来週は謎の実験なし週のうえ, レポートも先週〆切に追われて無理やり生成した片づけたので少し余裕があるんですよね。少なくとも新潟メインは買わないと思います。

 

WIN5対象レース①:京都10R 御陵ステークス(1600万下・ダート1800m)

 こんな名前のレース今まであったっけ…?というのは置いといて。ハンデ戦ですから少し工夫したいですね。おもしろいとおもうのは△:メモリーシャルマン。まあまあ弱いのは否めないですが, 先行して好走している馬が多く出走しているのである程度ペースがはやくなれば。斤量51kgは魅力的で, 調教もよいので3着くらいにねじ込めないかなあ…本命は◎:ヨヨギマック。〇:トップディーヴォは強いけれど, 斤量を理由に評価を下げてみます。それくらいしか私にはできないです。▲:コクスイセンは斤量的にも実力的にも悪くないかな?とは思うのですが, とにかく展開が向かないと思います。あとは△:スマートボムシェル, マイティティー。

 

WIN5対象レース②:東京10R 紅葉ステークス(1600万下・芝1600m)

 ◎はロイカバードで。これ以降も人気にしか印が回らなかったので以下略。

 

WIN5対象レース③:新潟11R ルミエールオータムダッシュ(OP・芝直線1000m)

 こんなレースも知らないぞ…◎:プリンセスムーンはもう逆らうことはしないで, ☆トータルヒートは調教動いてるし, 全然違う条件変わりで一変しないかなあという期待。直千はむずかしいですねえ(小並感)

 

WIN5対象レース④:京都11R カシオペアステークス(OP・芝1800m)

 ???「京都外回りはディープ!」

 というわけで◎:レプランシュは前走同条件重賞を2着。そのときの一着はあのサトノダイヤモンドですからね。斤量も54kgで出られるなら魅力十分かと思います。〇は消去法でダンツプリウス。ほんとはスワンSで狙うつもりだったのですが, よくわからない地方馬くんのせいで残念ながら除外…1800mはたぶん長いですが, ▲:ベルーフは鞍上が京都じゃ買いたくない…これも結局人気馬の評価順を変えただけになりそうですねえ

 

WIN5対象レース⑤:東京11R 第154回天皇賞(GⅠ・芝2000m)

 本命・対抗は前回更新の通り, それぞれアンビシャスとモーリス。ここではエイシンヒカリの話を。なんかもう社台SSで種牡馬入りが決まっているようですね。個人的にはこの馬大好きなんですよ, 逃げ馬だから。エイシンヒカリは休み明け戦績4-0-0-0。これはもはや買い要素です。種牡馬価値の向上を考えるとロゴタイプ(馬主:吉田照哉氏)がつっかけていくのかは怪しい部分がある。衰えの見えるクラレントくんを競り落として自分の競馬ができるのならあっさり勝ってしまうのもあり得てしまうのでは…?という話になったんですよね。アタマか飛ぶかだと現時点では考えていますがどうでしょうか。去年あまりペースがはやくならなかったにも関わらず2番手から大敗したのはそのとおりなのだけれど, イスパーン賞ではひかえての競馬ができてしまった(10馬身差はウソにしても)。今回はアンビシャスの位置取りなどもふくめて考えられる展開が多くて予想が難しいと思う次第です。

 

気づいたら3時になってました。気楽に書いているので答え合わせくらいのきもちで明日のレースは観戦したいと思います。