読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルゼンチンいけこのブログ

競馬とポケモン。

予想 第54回アルゼンチン共和国杯(GⅡ・東京競馬場芝Bコース2500mハンデ戦)

 こんばんは。

 今日はことごとくハナ差で馬券を取り逃しましたが, 明日は頑張りたいと思います。というか, 私には明日しかないんです!!!!

 

 というわけで, さっそくですが予想に入りたいと思います。

 

 今日東京競馬場の芝コースで行われたレースはすべてスローの前残りが基本。先行した馬がどのレースでも馬券になっています。まあ正直あんまり参考にはならない気もします。

 

アルバート

 これでいくことにしました。東京は3勝しているので左回り適性は合格。どうしても骨膜炎による半年以上の休み明けというのは気になる材料ではありますが, 鉄砲の戦績も2-1-0-2なら軽視することができると思います。前に述べたとおり厩舎仕上げでの堀師+戸崎騎手の馬の戦績はかなりよいものですから, そこはあまり心配はしていません。復帰を前に十分に乗り込んでいますし, 先日の追切の内容も好感触でした。

 絶望的な位置で競馬をしていた有馬記念の11着はありますが, それでも着差は0.6。大崩れしたレースが見当たらないというのも評価点です。

 ステイヤーズSを勝っているわけですからスタミナ的にも合格。むしろGⅡタイトルがあるのに57.0kgで出走できるのはプラスに捉えています。

 

クリールカイザー

 逃げの決まっていないアルゼンチン共和国杯にあって堂々の逃げ宣言。


2009/11/08 東京11R 亜爾然丁共和国杯 ミヤビランベリ

これしか決まってないんじゃなかったかな?スローで逃げて最後ある程度脚を残してヨーイドン!にする…(と後ろからヒカルカザブエなんてのが飛んできてかなりの高配当になったわけですが)

 田辺騎手にはそれができると考えています。あっさり単騎逃げできそうだし, 調教にも表れているように復調してきている今がチャンス。ただ, この予想で行くとですね…

 

▲ レコンダイト

 総合力というよりは馬券の妙味を考えたところにこの印を打ちたいところが私にはあるのでレコンダイトはここ。先述のとおり左回りなら善戦するし, ことしの目黒記念はほかの馬に接触する不利をうけながら0.2秒差の4着まで来られています。叩き2戦目で状態も上向き(らしい)ですし, 追い切りは全体時計よし。斤量も買い要素ですね。

 

シュヴァルグラン

 総合力とか実績ならどうしてもこっちかなあ。なんか投票開始直後くらいにムスカテール単勝にぶっこみが入ったせいでオッズがいまだに歪んでいるのですが, それにしたって私が想定していたほどの人気ではないから, これは期待値的にはそれなりによいのかもわかりません。東京はおろか左回りも初めて, 休み明けで時計をみてもピンとこない, 名前がシュッとしすぎているなど, 文句を言いだすとキリがないのですが, 京都の長距離GⅠで好走した馬って結構走るんですよねこのレース。

 

△  モンドインテロ

 スローの瞬発力勝負ならふつうに来そう。オッズは見込まれすぎだと思いますし, 札幌2600mからやってくる馬は得てして走らないのですが, まあルメールのお気に入りらしいし少しは注視することにします。

 

× ヴォルシェーブ

 こいつ瞬発力勝負なら来ちゃいそう。ぜったい弱いのに…買い要素なくないですか?展開予想的に買わないと仕方ないかなあと思わざるを得ないのですが, 東京2500mはそんなにあまくないぞ?スタミナ切れまでありそう。結局買わない可能性もあります。

 

これに加えて私が雰囲気次第で買いそうなのはフェイムゲームとフェスティヴイェル, あともしかするとムスカテールワンアンドオンリーはどうでしょうねえ…アルゼンチン共和国杯出走のうわさが出だしたころからうまくいくとは思っていないです。なんか控える競馬をすることを示唆しているし…

 

 今週1週間をかけて書いてきた記事もこれでおしまいです。レースは2分半で終わってしまいますが, 私のつたない予想はどこまでこの特殊なレースに歯向かえたのか。リンゴジュースを飲みながら明日の15:35を待ちます。