アルゼンチンいけこのブログ

競馬とポケモン。

第54回アルゼンチン共和国杯 回顧

 こんばんは。

 ・・・・・・。

 まあレースをもう一度映像で振り返ることにしましょうか…


シュヴァルグラン アルゼンチン共和国杯 G2 2016/11/06 東京11R 【競馬】

シュヴァルグランだゴールイン!!!

このレースでいちばんおもしろかったのって, 小林アナがゴール直前, 急に声量を上げて勝ち馬を叫んだところなんですよね。ほんとにこんなんでいいのかというようなレースでした。

所属する競馬研究会の皆さんと京都競馬場で観戦していたわけですが, ゲートが開いて数秒で聞こえてきた声を抜粋すると

 〇 は?おっそ

 〇 えっ歩いてるやん

 〇 遅すぎてシュヴァルグラン前来ちゃったよ

未勝利戦をみている気分でした。

 もう書く必要あるか?という感じですが公式ラップは以下の通り。テンだけ100mのラップ, 残りは1F刻みです。

 07.5-11.5-12.5-12.7-12.6-12.3-12.8-12.5-12.4-12.4-11.7-11.1-11.4=2:33.4

1000m通過参考タイムは1:02.9。スタートの直線を見るだけでわかり切っていたことではありますが, ドスローの瞬発力勝負になるに決まっています。走破時計もだいぶひどいと言わざるを得ませんねえ…どの馬に関しても, このレースで上位入線したことが今後の買い要素にはならないと思います。しいて言うのであれば, エンジンのかかりが非常に遅いアルバートが3F戦で馬券になったことでしょうか。まあ一度はヴォルシェーブに差されているのでエンジンのかかりの遅さが改善されたわけではないのでねえ…

 

 逃げたクリールカイザーは結局距離が少し長いのかもしれませんが, 衰えもあるでしょう。もうそろそろ引退になるのかなあ。

 ワンアンドオンリーはこういう展開では厳しかったにしても, これ以上なにかできることがあるのかといったところ。一応ダービー馬なのに, どうしてこうなったのでしょうか。

 モンドインテロルメールJの好調さからか明らかな過剰人気。レースが近づくにつれてどんどんオッズが下がっていくのは見ていてある意味面白かったのですが, さすがにこのメンバーで単勝3.4倍は見込まれすぎ。それなりの位置で競馬して, 直線に入ってのびたのですが, まあ前にいた2頭は強かったですね。このレースをみてどこが合いそうもクソもないですが, それなりにやれる馬だとは考えているのでお目にかかるのを楽しみにしています。ルメールJは今日8勝で1日の勝利数最多記録に並び, 騎乗機会連対記録は新記録の10をマークしたそうで, すごいなあ(小並感)。

 ヴォルシェーブは上がり最速の33.5で追い込んできたのはいいのですが, 最後脚を使い切って失速していませんか?やはり大したことはないという評価は変わりません。このような展開になる(といってもここまでひどいとは想定していませんでしたが…)と考えたなら今後も多少は買うようにするでしょうが, 今回のレースで評価が上がることはありませんでした。

 フェイムゲームは思っていたよりは仕上がっていたようで, 展開も味方したのかゴリゴリの追い込み勢ながら掲示板は確保。舞台次第では次狙ってみようかというところ。

 本命にしていたアルバートですが, この展開だと前述のとおりエンジンのかかりの遅さが災いするか…?と思っていましたが, 普通にこのメンバーだと強かったですね。勝ち馬の後ろにつけていて, ちょっと詰まりましたがうまく外に出して少しずつ加速。インタビューで戸崎Jも言っていましたが, もう一列前がいいなとは感じました。まあいい叩き台になったのではないでしょうか。次戦以降は相手が大幅強化されてくるわけですが, ちょっと変わった馬なのでどこまで行けるのか。

 勝ったシュヴァルグランについてまず言いたいことは, オッズがおいしすぎた。特別登録を見たときにはこんなん単勝は2倍台だろうと考えたものですが…まあこの馬もアルバートと同じで休み明けきっちり叩いて, 結果もついてきて, 本番を見据えていると思います。結果的に(中間さすがにゆるみすぎだけれど)東京2400mでやってるような競馬にはなったし, まあ左回りがダメ!ってこともなさそうですから, ふつうに強いしジャパンカップでも買ってると思います。

 

 ムスカテール単勝オッズが歪んだのは, 外国人の方がブックメーカーか何かと勘違いして大量購入したというウワサを耳にしましたが, ホントかどうかは知りません。

 で, 私の馬券は以下の通り。

 

f:id:ikekoArgentine:20161106225741j:plain

 馬連11.1倍は明らかに過小評価。PATでも三連複2点と馬連1点の払い戻しを受けましたが, PATでの購入時に目に映った馬連オッズに目を疑ったので, さらに追加での購入を決意。最近は馬連を買わずに失敗することが続いたので, これはファインプレー。三連複はヒモ荒れを狙っていた部分があるので買い目が多くなってしまい, 結果として3連複全体ではトリガミとなってしまいましたが, 

 購入:7,500円 → 払い戻し:11,730円 =回収率:156.4%

となりました。最低限ですね。来年はもっと頑張ります。

 今日は東京9Rでも舟券馬券を的中していたので最終的な回収率は200%ほどで帰れました。資金力的な限界はありますが, 今秋も頑張ります。昨年みたいに有馬記念で何とかトントン(ほんとにほぼトントン, 一応プラスだった)とならないようにしなきゃね。

 

 せっかくブログを立ち上げたのに次の更新は1年後, というのは多少寂しい気もするので, GⅠのときくらいは頑張って記事を書こうと思います。年内は毎週更新ですね。それではまた近々。