アルゼンチンいけこのブログ

競馬とポケモン。

第七世代の対戦で注目されそうなポケモンをザッとまとめてみる①

 こんにちは。

 いつもは競馬の話をしている当ブログですが, 私にはもうひとつ, ポケモンという趣味がありまして。

 今作は何かモチベーションがあるので, 新ポケモンのお勉強ついでに注目ポケモンをみていきたいと思います。

 

 ひとまず, UB捕獲までのストーリーを終えて感じたことは, わざの重要度が増したのかなという点。というのも, 専用わざのあきらかな増加と一定期間教え技のない環境, そしてジュエルに近い使用感のZわざと。

 まず教えわざがないことについてですが, これによって不利になるのはハイパーボイス+〇〇スキン勢。しかもスキンはもと1.3倍だったのが1.15倍にナーフとなりましたから, これはかなりの向かい風。カプのみなさんがかなり強そうなので, たとえばニンフィアなど第6世代のフェアリー勢の採用率は下がるように思います。というわけで最初はカプをみていきます。専用技のしぜんのいかり相手のHPを半分にするという, 実質いかりのまえばのゴーストにも入る版というわけですが, 採用するかは今のところ正直微妙。

 

① カプ・コケコ タイプ:でんきフェアリー

 名前がかなり雑なポケモンが増えたの感はすさまじいですが, こいつも結構ひどいと個人的には思う。まあそれは置いといて, 

 種族値:H70, A115, B85, C95, D75, S130

 とくせい:エレキメイカー(場に出た際, エレキフィールドにする)

A種族値が魅力なのに一致で撃てる物理攻撃がワイルドボルトのみという…正直使いにくいのでは?と今は思っていますが, Sがかなりの高水準なので器用な立ち回りはできそう。弱点もじめんどくの2つだけなので準伝特有の耐久を考えれば2ターン以上動ける機会も多そうではあります。さすがにデデンネよりは強いので差別化はここでは考えません。

 

② カプ・テラフ タイプ:エスパーフェアリー

 種族値:H70, A85, B75, C130, D115, S95

 とくせい:サイコメイカー(場に出たさい, サイコフィールドにする)

このとくせい, 浮いていないポケモンが先制わざを受けなくなるという効果もあります。けっこう強いんじゃないか?すばやさももうすこしほしかったけれどまあ合格。弱点はどく, ゴースト, はがねの3つでこれもまあ普通。C130から一致ムーンフォースはかなり強そうです。サイコフィールドも相まってこれはダブルのマジカルシャインも行ける気がするぞ!とうぜんサイコキネシスサイコショックもあります。サブウエポンにきあいだまもあるので, これ無茶苦茶攻撃範囲広いんじゃないか?Bが薄いのを何とかすれば十分通用しそうだが。

 

③ カプ・ブフル タイプ:くさフェアリー

 種族値:H70, A130, B115, C85, D95, S75

 とくせい:グラスメイカー(場に出たさい, グラスフィールドにする)

どくが4倍弱点なのをはじめ, 5つも弱点があるのはいただけません。ウッドハンマー, ばかぢから, メガホーンあたりの高火力わざは魅力で, けっこうこのポケモンも範囲は広そう。ただ, さすがに遅すぎるかなあ…耐久にふってどれだけ耐えられるか次第です。しかしウッドハンマーウッドホーンの2択っていささか厳しすぎやしませんかね…

 

④ カプ・レヒレ タイプ:みずフェアリー

 種族値:H70, A75, B115, C95, D130, S85

 とくせい:ミストメイカー(場に出たさい, ミストフィールドにする)

タイプが優秀。種族値も無駄をあまり感じない。これはかなり優秀なのでは??ミストフィールドは火力に補正をかけないのですこし攻撃性能が心もとないですが, めいそう搭載型も考えられるのでかなり面白そう。ひかえめかずぶといかおくびょうかなあと現状考えていますが, 周回していろいろやってみたい。

 ところで, コイツに関しては同タイプのアシレーヌとの比較を。

  アシレーヌ:H80, A74, B74, C126, D116, S60

専用わざ:うたかたのアリアはみがわり貫通の全体攻撃で, うけたポケモンのやけどを治すわざになります。いりょくはなみのりと同じ。みがわり貫通がかなり大きいのでふつうはうたかたのアリア採用ということになりそうですね。攻撃範囲はかなり似通っているので, その性能を重視するならアシレーヌ採用ということになるでしょう。正直アシレーヌの方が採用率高そう。

 

 つぎはUBかなあ